07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復旧事業の途中経過

ご無沙汰しております。
更新が遅くなって大変申し訳ありません。

早速ですが、改良区の状況をご報告いたします。
矢吹原土地改良区では8~9月間で35件の補助災害復旧事業(1工区40万円以上の被災を受けた場合の復旧事業)の査定を受けました。
査定の結果、ほぼ100%近く申請通り承認されました。
これらの査定結果を基に、市町村が事業主体となって復旧事業が開始されます。
その節は、各関係機関、市町村のみな様には大変お世話になりました。
そして査定終了後も引き続きご協力を賜り誠にありがとうございます。
この場をお借りして感謝申しあげます。
尚、これらの対象箇所等は今後何らかの形でみな様にお伝えしますので、少々お待ちください。

続きまして、小災害(10万円以上40万円未満)についてですが、こちらも各市町村に多大なるご支援ご協力をいただいて復旧に当たることとなっております。
各市町村により対応が若干異なりますが、財源はいずれも市町村の復旧事業またはそれに付随する事業の中で行われ、組合員のみな様の負担とならないようになっています。
では、現段階でのそれらの概要を順番に説明いたします。

①大信(白河市)・・・市が事業主体となって復旧に当たる
→9月の議会終了後、工事開始予定

②泉崎村・・・改良区で積算・設計を行い提出
→村で工事発注→工事開始

③矢吹町・・・改良区で積算・設計を行い提出
→町で工事発注→工事開始

④鏡石町・・・農地・水保全管理支払交付金(旧農地・水・環境保全向上対策)にならう形で復旧事業を行う

⑤須賀川市・・・改良区で積算・設計を行い提出
→市で工事発注→工事開始

最後に、その他の災害(10万円未満)のものは、以前にもお知らせした通り改良区と地元水系と協力して復旧に当たることとなる予定です。これらの詳細は10月4日の水系会長連絡会議で正式に決定いたしますので、もうしばらくお待ち下さい。

災害から半年が経過しましたが、完全なる復興に至るには依然として厳しい道程が続いております。
しかし、改良区では本当に多くの方から暖かいご支援ご協力を賜りながら事業に臨んでおります。
来年には矢吹ケ原の美しい田園風景が再び戻ってくる日を夢見ながら、これからも精一杯取り組んで参ります。
査定矢吹3
(県、矢吹町とともに査定を受ける様子)
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

矢吹原土地改良区

Author:矢吹原土地改良区
矢吹原土地改良区事務局です!

土地改良区業務にかんすること

羽鳥ダムに関すること

随時更新していきますのでよろしくお願い申し上げます!!

 
 
 

最新トラックバック

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。